精神科医にはどんなことでも話せます

病院関係者には守秘義務が課せられる

精神科にかかる場合はストレスの原因などをかなり事細かく精神科医に話さなければなりません。たとえば、単に「人間関係で困っている」というのではなく、「姑にいじめられて眠れないほど悩んでいる」といったことを伝える必要があるわけです。ただ、私的なことをいくら医師であっても第三者に伝えるのは抵抗があるという人も少なくないでしょう。正しい診断を下してもらうためとはいえ、伝えても大丈夫といえるのでしょうか。
実は医師だけではなく病院関係者には守秘義務が課せられています。患者から嫁姑問題を聞いたとしても、それを第三者に勝手に伝えることはできないのです。違反すると法的な罰則も与えられるため、かなり効力のあるものといえるでしょう。

すべて吐き出すことでストレスが減る

ただ、精神科医はどんな話を聞いても他人に漏らすことはないとはいいきれません。というのは、一部例外が認められているからです。たとえば、患者から特定の人物に対して危害を加えたいという気持ちを聞かされた場合、そのことを警察に伝えるのは守秘義務違反にはなりません。
しかしながら、ごく一部の例外を除けば精神科医は患者の秘密を必ず守ってくれるので、思っていることは洗いざらい話した方がいいでしょう。特にカウンセリングによる治療を行う場合は、抱えているものをすべて吐き出すことでストレスがやわらぎ、精神状態がよくなっていく可能性が高いです。個人的な事情を話すのは恥ずかしいという人もいるかもしれませんが、そういう場合は精神科医を信頼できるようになったら話すということでも問題ありません。